障害を持つ方が安心して働ける場所と時間をご提供いたします。

ときそらについて

Garden Café TOKISORA

施設概要

運営法人   社会福祉法人はる
事業所名   ガーデンカフェ「ときそら」
設 立    2020年10月1日
管理者    尾平 明聡
所在地    東京都世田谷区野沢3-14-1
定 員    就労継続支援B型 20人
体 制    常勤職員 2人 非常勤職員 4人
開所日    火曜~土曜・その他事業所が指定する日
休 日    月曜・日曜・祝祭日

「社会福祉法人はる」のホームページを表示

ガーデンカフェ「ときそら」

社会福祉法人はるは、障害のある方の働く場として、今年の9月開設を目途に設立準備に取り組んできました。開所に当たり、働く障害者(利用者)・お客様・職員が、【ときそらの前途を楽しみにして、共に育てて行こう!】と感じられるパーティを催したいと考えます。

ぜひ、私たちの仲間に入って頂き、ご一緒に歩んで頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人はる 尾平明聡

法人はるの概要

「精神障害者が地域で働きながら生活する支援」を中心に、地域の支援者の協力を得ながら事業を展開してきました。1994年に小規模作業所を開設し、2001年「社会福祉法人はる」を創設して、精神障害者の就労支援の拡充に注力して今日に至ります。

法人はるの理念

「語る・創る・暮らす…ハタ楽!」
2002年、理事/全職員が会議を重ねながら、法人はるの基本となる【理念】を確立し、全事業所の業務の【拠って立つ礎】を明確にしました。理念の主旨は、「利用者・職員・運営者・地域の4者が一体となり、「語り合いながら、事業の発展と各自の成長を目指し、地域生活を豊かに過ごす。その結果、ハタの人が楽になるし自分も働くことに誇りを持つ!!」という意味合いを持ちます。

「ときそら」は、法律でいう所の「障害者就労継続B型事業所」です。様々な障害者に対応できる作業メニューを用意し、利用者一人一人の特技や特性が生かされて訓練できるように配慮しました。仕事を通して、一人一人が自己発見し自己成長を感じられて、やがて社会に飛び立つことを願っています。
その為に、「ときそら」は、
・地域に根ざしたカフェ
・生き生きしっかり働き、能力を活かしながらやりがいを持てる作業内容
・高工賃が獲得できるように、アドバイザーを活用して工賃設計を行う事を目標に事業運営を行います。

ときそらの作業内容

① 調理:厨房でシェフと利用者が仕事を分担して、ランチ/アフタヌーンティを提供します。
② フロアーサービス:およそ25席。チーク材と白い壁に囲まれた穏やかなカフェフロアーです。
③ 庭園管理:80坪の表庭は、四季折々の植栽が施され、心豊かなひと時を、一人でも・友人とでも過ごして頂きたい場所です。裏庭にはハーブも育てます。
④ 軽作業:作業棟では、裏方作業として、ウエスの洗濯管理や、販売会の準備を行います。
⑤ イベント部門:月に1~2回の予定で、様々なイベントを企画します。音楽/手作り会/研修会など、イベント企画に参加する利用者と一緒に取り組みます。 

以上、簡単な「ときそら」の紹介を致しました。ご意見/ご質問等、何でも結構ですので、お寄せ下さい。

ときそらについて カフェメニュー 利用希望の方へ 連絡先

154-0003 東京都世田谷区野沢3-14-1
☎03-6805-2174
📠03-6805-2312
✉tokisora@paiyaki.net

🄫Garden Café TOKISORA

PAGE TOP